腰痛の原因を知る

腰痛で悩んでいる方へ

腰痛は様々なことが原因となってしまい起きてしまう症状です。腰の痛みを我慢したまま生活を送ることで、生活に支障をきたす危険性があります。だから、腰痛を改善するために早めに専門の医療機関に行きましょう。

腰痛の原因

骨や筋肉の障害による痛み

骨や筋肉の障害による痛みの大半はスポーツなどの激しい運動が原因になります。腰は背骨の中の腰椎部分の事を指します。腰椎は、椎骨、椎間板、椎骨といった順に重なって出来ており、その周辺には筋肉や靭帯があります。そして、スポーツなどが原因となって筋肉や靭帯を損傷してしまい腰の痛みが生じてしまいます。骨や筋肉が原因で起きる痛みには、外傷によるもの、骨や軟骨に見られる異常、筋肉の疲労の蓄積といったものがあります。

内臓の病気による痛み

腰痛の原因の中には、内臓の病気が原因になって起きる場合もあります。内臓は、ちょうど腰の前辺りに集中していて、内臓に病気があるとその臓器はもちろん、その周辺にある腰にも痛みが生じます。内臓での腰痛の痛みの出方は様々で、放散痛といった臓器から痛みを感じるものや関連痛といった臓器とは違う場所に痛みが存在します。腰痛が生じる内臓の症状は、肝硬変、胆石、子宮内膜症、各種のがんなどがあります。内臓からくる腰痛の特徴というのが、安静にしていても昼夜問わず常に痛みが生じるというものです。中には、発熱やだるさといった腰痛以外にも症状が出る場合もあります。

神経の障害による痛み

神経痛によって腰痛が生じる場合があります。神経痛は神経に刺激や損傷が加わることで痛みを感じる病気です。腰の他にもその他の箇所でも起こりますが、腰の場合であれば、坐骨神経という神経が圧迫されて炎症を起こしているケースが大いに考えられています。このような神経に障害を与えてしまうことで起きてしまう病気が椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などが挙げられます。神経の障害によって起きる腰痛の痛みは、チクチクやピリピリといった表面上なものになります。症状によって痛みの強さは異なりますが、擦り傷のような痛みから針で刺されているような痛みを感じる場合もあります。

精神的なストレスによる痛み

腰痛は体の組織によって起きるものといったイメージを多くの方がされていますが、実はストレスや不安などといったことが原因となって起きてしまう腰痛もあります。これは心因性腰痛症といわれており、近年増加している腰痛のひとつです。こういったストレスによって起きる腰痛の場合、体の抵抗力を奪います。そうなってしまうと、痛みに関しての抵抗力が弱くなり、より痛みを強く感じてしまうのです。自律神経のバランスも乱れてしまい、痛みに関して敏感となってしまいます。

腰痛改善ガイド

腰痛の原因

腰痛になってしまう原因を知ろう

腰痛を改善したいのであれば、腰痛の原因を知ることがとても重要です。腰痛になってしまう原因は人それぞれ異なるので、調べてみましょう。腰痛の原因についてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

READ MORE
腰痛の治療方法

腰痛の治療方法について

腰痛で悩んでいるのであれば、専門の病院に行き相談しましょう。病院では、腰痛の症状に合った治療を行ってくれます。治療に関しての情報の詳細はこちらに掲載されています。

READ MORE
腰痛になりやすい姿勢

腰痛になる危険性の高い姿勢とは

腰痛になりやすいのは姿勢がとても重要なポイントになります。日常生活の中で気をつける必要のある姿勢があるので、チェックしておきましょう。

READ MORE
広告募集中